不動産を賢く利用するために知識を付けることが重要

流れを知る

競売にかけられるまでの流れ

任意売却とは住宅ローンを滞納した場合に借入先の承諾を得て行う売却の方法です。抵当権がついていても、住宅ローンを滞納していない状態では任意売却とは呼びません。どういった場合に発生するのでしょうか。住宅ローンの支払いを滞納すると1か月目に督促通知が届きます。それでも支払が行われない場合には「期限の利益の喪失の予告」が届きます、期限の利益とは、住宅ローン契約者が支払期限到来までは、債務の履行を請求されない利益のことです。しかし契約を守れない場合には残債を一括支払いすることになります。予告が届いた後も滞納を続けると「期限の利益の喪失の通知」が届きます。通知ですから、時すでに遅しです。残債全部と遅延損害金の一括支払いを要求されます。できない場合は物件は競売にかけられます。競売にかけられると、かなり安い値段で売却され、その後も残債の支払いに苦しみます。競売を避けるために任意売却が行われます。任意売却するには業者と専任媒介契約を結ぶ方法が一般的です。任意売却を専門に取り扱う業者も多数あります。

任意売却後の選択もいろいろあります

任意売却の場合、通常の土地売買よりは低い価格で取引されることが多いようです。それでも競売よりは随分と高い価格にはなります。売却代金から残債などを支払います。任売業者への手数料もこの土地売買の代金から差し引かれます。売却後はマイホームから退去することになるでしょう。しかしどうしてもマイホームから離れたくないと言った要望があれば任売業者に相談してみましょう。任売業者との間で土地売買をし、任売業者の所有となったマイホームを借りる方法があります。その他にも、親に資金的余裕がある場合、親にマイホームを買取ってもらう親子間売買などの方法もあります。とは言え競売にかけられるまで、そう時間は残っていないはずですので早めに土地売買の手続きをすることが大切です。任意売却の交渉は1社だけの専任媒介契約になりますので、信頼できる業者選びも大切です。

費用を削減する

任意売却をする時には、必要な知識が必要になります。差し押さえられる前に、売却をすることで、持ち出し費用を削減することができます。また、高値でうることもできます。逆に、任意売却物件を購入することもできます。

Read More

快適な暮らし

快適な暮らしをするためには、別荘を購入する人が多くいます。好きな地域に別荘を持っておくことで、休みの日や旅行の時に役に立ちます。ゆっくりとした生活を送ることが出来る別荘は数多く存在します。

Read More

物件の種類

賃貸物件などは、いろいろな種類があります。種類によって住み方や費用などが異なってきます。そのため、事前に調べておくことで賢く利用する事が出来ます。いろいろな知識があることで便利に利用する事が出来ます。

Read More

売却の流れ

相続不動産を売却するときには、一連の流れを知っておくことが大切になります。流れなどの知識を知っておくことで前もって準備や気をつけるべきことを知ることが出来ます。また、トラブルにならないようにすることもできます。

Read More

効率よく行う

賃貸探しをする時には、上手に不動産を利用することが大切になります。不動産を上手に使うことで効率よく賃貸物件を見つける事が出来ます。また、快適な生活を送ることができるのでとても重要なことになります。

Read More